日ハム、中田翔と杉谷拳士が出演するTxT(ティーバイティー)のCM

自動車

今回、紹介するのは日本ハム ファイターズ中田翔杉谷拳士が出演するCM。プロ野球選手が登場するCMはそれなりにありますが、こちらは北海道限定で流れているCMのため、観たことがない人も多いかもしれません。でもYouTubeなら誰でも観れます。

 

最新作はアメリカ横断ウルトラクイズ風のCM

2017年6月19日にYouTubeに公開された最新作は、中田翔杉谷拳士がクイズ対決を行うCM。アメリカ横断ウルトラクイズを意識した作りになっています。まずは、CMを視聴してみてください。

 

CM自体は、特にどうこういうものではありませんが、その後に流れるメイキング映像で、ちょっとしたネタばらしが披露されています。でも、CM撮影は意図したとおりに進みません。本当は、どういう構成になる予定だったのだろう? 少し気になります。

 

TxT(ティーバイティー)って何の会社

CMを観ればわかるように、ティーバイティーは中古車の買い取りサービスを行っている会社。いちおう日本全国に展開しているようですが、CMのTV放送は北海道だけ。たぶん、北海道を中心に活動しているのでしょうが、私はよく知りません。
キャラの立っている2人が出演しているので、野球ファンでなくても楽しめるのではないでしょうか。

 

こんなCMもあるよ

中田翔杉谷拳士のコンビが出演するティーバイティーのCMは、このほかにも何本か作成されています。いくつか紹介しておきましょう。

 

まずは、熱血指導「セリフ忘れた」篇

 

セリフを忘れた杉谷拳士、本当の何と言う予定だったのでしょう? もともとの台本が気になりますが、そのままOKになっているので、答えはわかりません。中田翔の蹴りも彼らしくて、いい味出してます。でも、こういうユルい感じのCMはなんか好感が持てます。

 

続いては、中田と杉谷が「たたいて・かぶって・ジャンケンポン」の対決を行う「叩いてかぶってT×T 中田勝利」篇

 

中田の反応がとにかく速い。そして、あのスイングをくらったら、いくらオモチャのハンマーとはいえ、かなり痛そう・・・。

 

以上、北海道以外では観られないCMの紹介でした。

 

▼こんな記事もあります

ハンマーシリーズのスタートリストと詳しいルール

ハンマーシリーズ

2017年6月2日(金)から開催されるハンマーシリーズは、これまでのロードレースとは大きく異なる、全く新しい概念の自転車競技です。その最大の特徴は、個人戦ではなくチーム戦であること。従来のロードレースも、ある意味、チーム戦といえますが、表彰されるのはあくまで個人(選手)です。一方、ハンマーシリーズでは「チーム」が表彰の対象になります。

これまでにない新しい自転車競技だけに、どのようなレース展開になるのか気になりますが、レースを十分に楽しむためには詳しいルールを知っておかなければいけません。そこで、ハンマーシリーズの概要ルールを簡単にまとめてみました。

 

チーム構成

まずは、ハンマーシリーズに出場するチームのチーム構成について紹介します。その概要は以下のとおり。

 

・各チーム7人まで選手を登録できる

・各ステージに出場できる選手は5人

 

基本的に1チーム5人でレースに出場しますが、最大7人まで選手を登録できるのが従来のレースと異なる点。つまり、各ステージに出場する選手を、7人の中から5人選抜して入れ替えることができるのです。

 

 ・クライマー、パンチャーはDay 1
 ・スプリンターはDay 2
 ・TTスペシャリストはDay 3

 

という具合に、得意分野に合わせて選手を入れ替えるのが基本戦略になると思われます。もちろん、最大7人の中から5人選ぶというルールのため、全員を入れ替える訳にはいきません。山でも平坦でも活躍できる万能タイプの選手も鍵となるでしょう。要は、3日間とも出場できる選手がそれなりに必要ということです。

 

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネと日程が重なるため、有力選手が多く集まるレースにはなりませんが、各チームが「どのような構成で挑むのか?」も見所の一つになります。


続いては、各ステージの概要ルールを紹介していきます。

 

Day 1  The Hammer Climb

1日目のThe Hammer Climbは、登りが得意なクライマー、パンチャーが活躍するステージ。その概要、ルールは以下のようになっています。

1周7kmのコースを11周

・各周回の登りは2か所
  Climb 1:900m、最大斜度8.1%、高低差38m
  Climb 2:2,200m、最大斜度8.5%、高低差105m

・スタート/ゴール地点は、Climb 2の山頂から約200m後方

それぞれの周回で先頭10人にポイントが加算される
 ※10位以内に複数の選手が入ったチームは、その合計ポイントがチームに加算される

3周目、7周目、11周目はポイント2倍

・最もポイントを稼いだチームがステージ優勝となり、15秒のボーナスタイムを獲得できる

・2位以降のチームも順位に応じたボーナスタイムを獲得できる(10位まで)

 

Day 2  The Hammer Sprint

2日目のThe Hammer Sprintは、スプリンターが活躍する平坦ステージ。12.4kmごとに計8回のスプリントが観られるのが最大の魅力といえるでしょう。その概要、ルールは以下のとおり。

1周12.4kmの平坦コースを8周

それぞれの周回で先頭10人にポイントが加算される
 ※10位以内に複数の選手が入ったチームは、その合計ポイントがチームに加算される

2周目、5周目、8周目はポイント2倍

・最もポイントを稼いだチームがステージ優勝となり、15秒のボーナスタイムを獲得できる

・2位以降のチームも順位に応じたボーナスタイムを獲得できる(10位まで)

 

Day 3  The Hammer Chase

最終日のThe Hammer Chaseは、変則的なチームタイムトライアル。単純に考えればTTスペシャリストの多いチームが有利になりますが、Day 1とDay 2の成績も加味されるため、チームの総合力を問われるレースになります。このレースを制したチームが総合優勝になります。

1周14.9kmのコースを3周するチームタイムトライアル(TTT)

・各チーム5人構成で、4人目の選手ゴールラインを通過した時点で時計が止まる

・Day 1とDay 2の結果に応じて、1~8位と9~16位の2つのグループに分ける

・各チームは大会が規定した間隔で上位チームから順番にスタートする

・さらに、Day 1Day 2で稼いだボーナスタイムに応じてスタート時刻は前後する

他のチームの列車を「風よけ」として利用するのは禁止

 

このように、従来のサイクルロードレースとは異なるルールが沢山あります。Day 1とDay 2は毎周回ポイントがあるため、目まぐるしいレース展開が予想されます。そしてDay 3は、複数の列車が並走する、今までに見たことがないチームトライアルになると思われます。これは期待できそうですね。

 

 (スポンサーリンク)

 

誰が出場する? スタートリストも要確認

ハンマーシリーズに出場する選手のスタートリストは、以下のサイトで確認できます。

 

www.procyclingstats.com

 

各チームの出場選手は5~7人で、チームによって異なります。5人しか登録していないチームは、3日とも同じメンバーで戦うことになります。一方、6~7人の選手を登録しているチームは、ステージごとに選手の入れ替えが可能。最大枠となる7人の選手を登録しているチームほど「本気度が高い」といえるでしょう。

 

参考までに、気になる有力選手をピックアップしておきます。

 

 ダニエル・オス(BMC)
 サムエル・サンチェス(BMC)
 グライペル(ロット・ソウダル)
 ベタンクール(モビスター)
 カレブ・ユアン(オリカ)
 ガビリア(クイックステップ
 ジルベールクイックステップ
 ボーム(ロットNL・ユンボ
 ファン・エムデン(ロットNL・ユンボ
 ヴィヴィアーニ(スカイ)
 トム・ドュムラン(サンウェブ)
 ニッツォーロ(トレック)
 グアルディーニ(UAE


クリテリウム・ドゥ・ドーフィネの裏開催になるとはいえ、それなりに有力選手が出場します。ライブ中継は、いつものようにJ Sportsで。今から始まるのが楽しみですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CICLISSIMO (チクリッシモ) No.53 2017年 04月号 [雑誌]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/27時点)

 

▼こんな記事もあります

2016年のスペイン語圏の年間ヒットチャート(11-20位)

2016年のスペイン・ヒット曲

続いては、2016年スペイン語圏の年間ヒットチャート11~20位を紹介します。なお、前回の記事と同様に、このランキングはacharts.coというサイトが発表している年間シングルランキングをもとにしています。

 

2016年、20~11位の年間ヒットチャート

11位 Coldplay - Hymn For The Weekend
12位 Joey Montana - Picky
13位 Charlie Puth - We Don't Talk Anymore ft. Selena Gomez
14位 Justin Bieber - Love Yourself
15位 Calvin Harris - This Is What You Came For ft. Rihanna

16位 Pablo López - Tu Enemigo ft. Juanes
17位 Nicky Jam - Hasta El Amanecer
18位 Drake - One Dance ft. Wizkid & Kyla
19位 Lukas Graham - 7 Years
20位 Justin Bieber - Sorry

 

これら10曲のうち、歌詞がスペインの曲は3曲。17位にランクインしたNicky Jam、そして16位にランクインしたPablo López、12位にランクインしたJoey Montanaスペイン語で歌っているアーティストになります。


 

なお、これまでと同様に、各曲のPVは「サビの部分」だけを再生するように設定してあります。1曲丸ごと視聴したい方はYouTube」のロゴをクリックし、YouTubeのサイトに移動してからPVを再生してください。

 

20~11位にランクインしたスペイン語の曲

まずは、17位にランクインしたNicky Jam(ニッキー・ジャム)のHasta El Amanecerという曲から。Nicky Jamは、プエルトリコ人の父とドミニカ人の母を持つ、アメリカ生まれのシンガー・ソングライター。10歳のときにプエルトリコへ移住し、わずか14歳でファーストアルバムをリリース。その後、現在に至るまで活動を続けているベテランのレゲトン・ミュージシャンです。この曲のほかにもEl Perdónという代表曲があり、こちらはBillboardミュージックアワード(2017年)のトップ・ラテン・ソング賞を獲得しています。

 

 

続いては、Pablo López(パブロ・ロペス)のTu Enemigoという曲。フューチャリングとしてJuanesが参加しています。Pablo Lópezは、2013年にファーストアルバムをリリースしたスペイン出身の歌手。2014年には、ラテン・グラミー賞新人賞にノミネートされました。今後の活躍が期待される若手と思うかもしれませんが、2017年現在の年齢は33歳であり、少し遅咲きのアーティストといえるかもしれません。ジャンル的にはポップやロックに分類されているようです。

 

 

最後に紹介するのは、12位にランクインしたJoey Montana(ジョーイ・モンタナ)のPickyという曲。Joey Montanaはパナマ出身で、レゲトン王子とも呼ばれている歌手。ただし、今回ランクインしたPickyは、ピキピキピキピキ、ピキというフレーズが耳に残る、陽気なポップソングという感じです。もっとレゲトンっぽい音楽が聴きたい方は、HolaMoribundoTus Ojos No Me Venといった曲を試してみるとよいかもしれません。

 

 

以上、20~11位にランクインしたスペイン語の曲を紹介してみました。次回は、いよいよトップテンです。スペイン語の曲、ラテン音楽が好きな方は、ぜひ10~1位のランキングも確認してみてください。 

 

 (スポンサーリンク)

 

▼こんな記事もあります

ジロ・デ・イタリア2017の見やすいスタートリストを探せ!

ジロ・デ・イタリアのイメージ width=

2017年ジロ・デ・イタリアは、すでに第3ステージまで終了しました。しかし、例年とは違って今年はDAZNがライブ中継をしているため、スタートリストがなくて困っている方もいると思います。そこで、レース観戦時に手元にあると便利なスタートリストを配信しているサイトを探してみました。

 

印刷が簡単なPDF形式のスタートリスト

まずは、印刷して使用するスタートリストの紹介です。通常のWebサイトは、そのまま印刷すると中途半端な所で改ページされてしまうため、あまり見やすくありません。よって、PDF形式で配信されているスタートリストの方が使い勝手はよいと思われます。

ただし、PDF形式のスタートリストを配信しているサイトは少なく、私は以下の2つしか見つけられませんでした。もちろん、日本語ではなく英語表記です。とはいえ、これでも十分にスタートリストとして活用できます。手元に置いておくと快適にレースを観戦できますよ。

続きを読む

ジロ 2017のスタートリスト発表、DAZNは日本語解説あり!?

ジロ・デ・イタリア 2017のスタートリスト

ジロ・デ・イタリアのイメージ width=

 5月5日(金)から開幕するジロ・デ・イタリア 2017スタートリストが発表されました。詳細はcyclowiredのWebサイトで確認できます。

 

 

先日、練習中の事故で他界したミケーレ・スカルポーニが付ける予定であったゼッケン21番はそのまま欠番となり、アスタナは他チームより1人少ない8人態勢で挑みます。

 

簡単に、総合系(マリアローザ)の有力選手を紹介しておきましょう。

 ・ニバリバーレーン
 ・ポッツォヴィーヴォAG2R
 ・ヴァンガーデレン(BMC)
 ・ローランキャノンデール)?
 ・ティボ・ピノ(FDJ)
 ・キンタナ(コロンビア)
 ・アダム・イェーツ(オリカ)
 ・ネイサン・ハース(ディメンションデータ)
 ・ザッカリン(カチューシャ)
 ・クライスヴァイク(ロットNL)
 ・ランダ(スカイ)
 ・トム・デュムラン(サンウェブ)
 ・モレマ(トレック)
 ・ルイ・コスタUAE

 

続きを読む