読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジロ・デ・イタリア 2017とJSPORTS、そしてDAZN

ジロ・デ・イタリア 2017のライブ中継はないに等しい!?

ジロ・デ・イタリアのイメージ width=

2017年も春のクラシック(ワンデーレース)が終わり、いよいよ5月5日からジロ・デ・イタリアが開幕します。例年どおりならJ SPORTSでライブ中継を楽しめるのですが、今年はジロの放送予定はありません。

 

 

自転車ファンの方はすでに知っていると思いますが、今年からDAZN(ダゾーン)が放映権を獲得しているレースがいくつかあり、3大グランツールの一つである「ジロ・デ・イタリア 2017」もDAZNが中継する予定です。といっても、あくまで予定なので、実際に放送するかは知りません・・・。ロンド ファン フラーンデレンツール・デ・フランドル)でやらかした実績もありますし(笑)

 

何はともあれ、個人的にはとっても悲しい状況です。「どうしてもジロを観たい!」となれば、DAZN(ダゾーン)に加入するしか手がありません。でも、仮に加入したとしても、たぶん現地放送(国際映像)を流しているだけで、日本語の実況・解説はないと思われます。

 

 (スポンサーリンク)

 

DAZNに加入すべきか? いや、辞めておこう!

前述したように、DAZNに加入すればジロの生中継を観ることも不可能ではありません。しかし、「3時間以上の放送を現地音声のみで流されても・・・」というのが正直な感想。これではレースに没入できませんし、そんなに楽しそうじゃない。

以前は「5月だけDAZNに加入しようかな」と考えていましたが、今後のことを考えて、加入は見送ることにしました。「今年だけ我慢すれば済む話」となることを願って。

 

DAZNは、ネット配信でスポーツ中継を放送している会社。Jリーグ(サッカー)の中継でも話題を集めていますし、月額1750円で様々なジャンルのスポーツ中継を楽しめます。「ドコモ」や「ひかりTV」のユーザー向けに割引価格も用意されています。

料金だけを見ればJ SPORTSより割安感はありますが、サイクルロードレースに限って言えば、「放映権を獲得して、それを垂れ流しているだけ」。こういう姿勢には、あまり賛同できません。そもそも、サイクルロードレースを観るのに、J SPORTSにも、DAZNにも加入しなければならない、という状況を喜ぶ人は少ないはず。

こういった状況の中、「それでも、ジロは観ておきたい」と思ってDAZNに加入してしまうと、相手の思う壺になるかもしれません。放送権さえ獲得すれば、加入者が増えて利益が上がる、となれば来年以降もジロを含めた主要レースの放映権をDAZNが獲得するかもしれません。

 

DAZNの運営会社はネット系の企業だけあって、ユーザーの分析をちゃんと行っているはず。個々の会員が「どの競技、どの試合を見るためにDAZNに加入したのか?」といったデータをしっかり集計して「ドライに経営を進めていくのでは?」と個人的には思っています。

となれば、サイクルロードレースにおいては、2017年のDAZNは散々な結果に終わって欲しいと思います。「せっかく高い金を払ってジロの放映権を獲得したのに、たいして加入者が増えなかった」という結果になってくれれば、来年以降、DAZNはロードレースの放映権に興味を示さなくなるでしょう。そして、サイクルロードレース観るならJ SPORTSの時代に逆戻りしてくれる可能性が高くなると思います。

ということで、今年のジロはライブ中継を諦めて、ネットニュースで結果だけを楽しむことに決めました。ダイジェスト映像くらいなら、海外のスポーツサイトで見つけられると思いますし。

 

もちろん、これは個人的な意見なのでDAZNで見たい方はご自由に。「Jリーグも、サイクルロードレースも観たい。外国語放送でも十分に楽しめます」という方には好都合な話だと思いますし。

 

さいごに・・・

最後になりましたが、スカルポーニのご冥福をお祈りします。実績と実力があり、さらにアグレッシブな走りでレースを盛り上げてくれる存在だったので、今年もその雄姿をジロで見たかった(本当は大人の事情で観れないけれど・・・)。

個人的には、ジロといえば、ガルゼッリスカルポーニの活躍が楽しみでした。ディルーカリッコも好きだったけど、色々と問題がありましたからね。4人とも、今後、ジロに出場することはありません。時代は変わりますね。

 

あと、もしも今年のジロで、別府、新城のどちらかがステージ優勝したとしたら、放映権うんぬんの問題を恨む人がどれくらいいるのだろう? まだ出場するかどうかも分からないし、「優勝して欲しい」とは思うの確かなんだけど、なんか複雑だな。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CICLISSIMO (チクリッシモ) No.53 2017年 04月号 [雑誌]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/27時点)

 

▼こんな記事もあります

2016年のスペイン語圏の年間ヒットチャート(21-30位)

2016年のスペイン・ヒット曲

引き続き、2016年スペイン語年間ヒットチャートを紹介します。今回は30~21位にランクインした曲を紹介します。なお、前回の記事と同様に、このランキングはacharts.coというサイトが発表している年間シングルランキングをもとにしています。

 

2016年、30~21位の年間ヒットチャート

21位 Mike Posner - I Took A Pill In Ibiza
22位 DJ Snake - Let Me Love You ft. Justin Bieber
23位 DNCE - Cake By The Ocean
24位 Coldplay - Adventure Of A Lifetime
25位 Adele - Hello

26位 Zara Larsson - Lush Life
27位 Kungs vs Cookin’ on 3 Burners - This Girl
28位 Imany - Don't Be So Shy (filatov & Karas Remix)
29位 Juan Magan - Baila Conmigo ft. Luciana
30位 Ricky Martin - Vente Pa' Ca ft. Maluma

 

これらの曲のうち、スペイン語で歌われている曲は30位と29位にランクインした2曲だけです。Ricky MartinとJuan Maganは、いずれもスペイン語圏(ラテン音楽)では有名なアーティストです。それでは、この2曲のPVを紹介していきましょう。

 


 

なお、これまでと同様に、各曲のPVは「サビの部分」だけを再生するように設定してあります。1曲丸ごと視聴したい方はYouTubeのロゴをクリックし、YouTubeのサイトに移動してからPVを再生してください。

 

30~21位にランクインしたスペイン語の曲

2016年の年間チャート30位にランクインしたのは、日本でも名前が知られているRicky Martinリッキー・マーティン)のVente Pa' Ca ft. Malumaという曲。いかにも彼らしい、覚えやすくてノリのよい曲です。ちなみに、リッキー・マーティンは1971年生まれで、現在は40代半ばを過ぎたオジサンになっています。見た目は若く、セクシーに見えますけれど(笑)。プエルトリコ出身で、今や世界中に名前が知れ渡っているアーティストです。

 

 

続いては、29位にランクインしたJuan MaganBaila Conmigoという曲。フューチャリングトとしてLucianaという女性シンガーが参加しています。Juan Maganは、デビュー当初、Magan & Rodriguezという2人組ユニットを組んでいましたが、2009年に発売したコレクションアルバムを最後に、それぞれソロ活動に専念するようになりました。今回ランクインした曲は、サビの部分が歌詞のないサックス演奏になるので、少し手前からPVを再生するように設定してあります。

 

 

ということで、30~21位にランクインしたスペイン語の曲は2曲しかありませんでした。やはり、スペイン語圏といえども英語の曲が強いようです。次回は、2016年の年間チャート20~11位にランクインした曲を紹介していきます。お楽しみに。

 

 (スポンサーリンク)

 

▼こんな記事もあります

2016年のスペイン語圏の年間ヒットチャート(31-40位)

2016年のスペイン・ヒット曲

前回の記事に引き続き、2016年のスペイン語圏の年間ヒットチャートを紹介します。スペイン語の音楽を楽しむときの参考にしてください。今回は、年間チャートの40~31位にランクインした曲です。ランクインした曲のアーティスト名と曲名は以下のとおり。

 

ちなみに、このランキングはacharts.coというサイトが発表している年間シングルランキングをもとにしています。

 

2016年、40~31位の年間ヒットチャート

31位 Meghan Trainor - No
32位 Rihanna - Work ft. Drake
33位 Dasoul - Vuela Corazón
34位 The Chainsmokers - Don't Let Me Down ft. Daya
35位 Jonas Blue - Fast Car ft. Dakota

36位 Jain - Come
37位 Sia - The Greatest ft. Kendrick Lamar
38位 Gente de Zona - La Gozadera ft. Marc Anthony
39位 Jonas Blue - Perfect Strangers ft. JP Cooper
40位 Manuel Carrasco - Uno X Uno

 

これらの曲のうち、スペイン語で歌われている曲は赤字で示した3曲のみ。他の曲は英語で歌われている、いわゆる「世界中で売れている曲」となります。RihannaやSia、Jonas Blueのように、日本でもお馴染みのアーティストが数多く登場しています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カナル型イヤホン(イヤフォン) PHILIPS(フィリップス) SHE9720W...
価格:3501円(税込、送料無料) (2017/2/17時点)


 

40~31位にランクインしたスペイン語の曲

それでは、スペイン語で歌われている3曲を紹介していきましょう。なお、以下に紹介したPVは「楽曲のサビの部分」だけを再生するように設定してあります。1曲丸ごと視聴したい方は「YouTube」のロゴをクリックし、YouTubeのサイトでPVを最初から再生してください。

 

年間チャートの40位にランクインしたのは、Manuel CarrascoのUno X Unoという曲。スペイン出身のManuel Carrascoは、新人アーティストを発掘するTV番組からデビューしたPOPシンガーとなります。初アルバムのリリースは2003年なので、それなりにキャリアを積んでいる歌手といえるでしょう。スペイン語(ラテン)の曲ですが、バラードのような落ち着いた雰囲気の楽曲です。

 

 

続いては、年間チャートの38位にランクインしたGente De ZonaのLa Gozaderaという曲。フューチャリングトしてMarc Anthonyが参加しています。こちらは、いかにもラテンという感じのノリのよい音楽です。Gente de Zonaはキューバ出身のレゲトングループ。この曲は2015年に発表された作品ですが、2016年の年間チャートにも見事ランクインするほどのロングセラーを記録しました。

 

 

最後に紹介するのは、33位にランクインしたDasoulのVuela Corazónという曲。Dasoulはスペイン出身で、2012年に活動を開始し、初シングルのリリースが2014年という比較的新しいアーティスト。誰でも聞きやすい曲ですが、逆に特徴の少ない曲と言えるかもしれません。

 

 

ということで、今回はスペイン語の曲を3曲紹介しました。好きな曲が見つかったでしょうか? 次回は30~21位にランクインした曲を紹介していく予定です。お楽しみに。

 

 (スポンサーリンク)

 

▼こんな記事もあります

ハイブリッドになったヴィッツ(Vitz)の新CM、メイキング風の作りが面白い

ハイブリットモデルのヴィッツ(Vitz)

今回、紹介するのはトヨタのコンパクトカー、ヴィッツVitzの新CM。燃費34.4km/Lを実現するハイブリットモデルがラインナップされた新しいヴィッツを告知するCMですが、なかなかユニークな作品に仕上がっています。

 

車のCMというと、お洒落で洗練されていて、なぜか街中をカーチェイスのように走り抜ける作品が多いのですが、今回のヴィッツVitz)のCMは少し違います。CMの制作現場を見せることで、ユーモアのある作品に仕上がっています。まずは、Web用のCM動画を視聴してみてください。

 

 

Webで流れるCMの特徴は、必ずしも15秒という枠に納めなくても構わないこと。このため、全体で2~3分ほどあるCMも珍しくありません。今回のヴィッツVitz)のCMは、トータル4分53秒もあります。ただし、これだけ長い時間のCMになると、何らかの工夫をしないと最後まで見てもらえません。でないと、数秒ほど再生した後に「スキップ」されてしまいます。

 

今回のヴィッツVitz)のCMも「街中をカッコよく車が走り抜けていく映像」となるはずだったのですが・・・、プロデューサーの無理難題な指摘に翻弄され、結果として変な方向性のCMになってしまいます。自動車メーカーが自ら「誰もが疑問に感じていること」を題材にしているのがユニークな点といえるでしょう。

 

このようにストーリー性のある長尺CMを公開できるのもWeb CMならではの魅力。トヨタというと少し堅いイメージもありますが、今回の作品は交換が持てる、なかなか見ごたえのあるCMでした。

 

ちなみに、この作品は広島弁ver.も用意されています。いっそのこと、役者も日本人にしてもしまえば良かったのに。

 

 

時間に余裕がある方は、広島弁ver.も楽しんでみてください。

 

▼こんな記事もあります

2016年、スペイン語圏の年間ヒットチャート(41-50位)

2016年のスペイン・ヒット曲

2017年も1ヵ月が過ぎ、はや2月に入ってしまいました。そこで、acharts.coというサイトが発表している年間シングルランキングをもとに、2016年のスペイン語圏のヒット曲を振り返ってみたいとます。「スペイン語圏の曲をもっと知りたい」という方は、以下に紹介しているPV(プロモーションビデオ)を視聴してみるとよいでしょう。

 

2016年 50~41位の年間ヒットチャート

今回は、年間チャートの50~41位にランクインした曲を紹介します。

 

41位 J Balvin - Safari ft. Pharrell Williams, BIA, Sky
42位 LP - Lost On You
43位 David Guetta - Bang My Head ft. Sia & Fetty Wap
44位 Melendi - Desde Que Estamos Juntos
45位 Gente de Zona - Traidora ft. Marc Anthony

46位 Freischwimmer - California Dreamin
47位 Chino y Nacho - Andas En Mi Cabeza ft. Daddy Yankee
48位 twenty one pilots - Stressed Out
49位 Sebastián Yatra - Traicionera
50位 David Bisbal - Antes Que No

 

これらのうち、スペイン語で歌われている曲は赤字で示した6曲となります。順番に紹介していきましょう。

続きを読む