読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペイン語圏の音楽をYouTubeで視聴

スペイン語の音楽 英語以外の音楽

今回は、スペイン語で歌われている音楽について紹介します。スペイン語の曲といえば、スペインで流行っている音楽と思うかもしれませんが、実はそうではありません。

f:id:despacio:20160724164848j:plain

スペイン語公用語としている国は、スペインのほかに、メキシコ、アルゼンチン、ペルー、チリ、コロンビア、キューバ、ドミニカ、プエルトリコパナマなどがあり、世界で20ヵ国以上の国スペイン語を使用しています。ブラジルを除く中南米の国々は、ほぼスペイン語を使用している、と言っても過言ではありません。

 

スペイン語ラテン音楽

言語が同じであれば、当然ながら音楽の交流も盛んになります。このため、中南米出身のアーティストがスペインで有名になるケースもありますし、逆にスペイン出身のアーティストが中南米でも流行しているケースもあります。

中南米といえばラテン音楽スペイン語圏の音楽は、陽気でアップテンポな曲が多いといえるでしょう。もちろん、ヒットチャートには色んなジャンルの曲がランクインしています。いくつか紹介してみましょう。

 

最初に紹介するのは、DCSのAngelito Sin Alasという曲(Remixバージョン)。いかにもスペインらしい、ノリのよい音楽です。featuringとして参加しているJuan Maganはスペインで有名なハウス・ミュージックDJ。ハスキーでビブラートの効いた歌声が魅力的。なお、PVの冒頭はドラマ仕立ての映像になっているため、1分15秒くらいから音楽が始まります。

 

 

続いての曲は、Efecto PasilloのNo Importa Que Lluevaという曲。2010年にデビューした、ラテン&ファンクの要素を持つ若手のバンド。ロック、オルタネイティブ、ポップといったジャンルに分類されているようですが、スペイン語なのでいつもと少し雰囲気が違います。Pan y Mantequillaという曲もオススメです。

 

 

 

続いては、コロンビア出身のレゲトンバンドAlkiladosのUna Citaという曲。レゲトンとは、スペイン語のレゲエに、ヒップホップやサルサなどの要素をミックスした音楽で、もともとはプエルトリコから発祥した音楽ジャンルとなります。初めて耳にする曲なのに、なんか知っている曲のような気がしてしまう。同様に、Don OmarSoledadもどこかで聞いたことがあるような感覚になります(他の曲を真似しているという意味ではなく)。

 

 

最後は、Jencarlos CanelaのBajitoという曲。キューバ系アメリカ人で、ミュージシャンとしてだけでなく、俳優としても活動するマルチタレントです。featuringとして参加しているKymani Marleyは、ジャマイカ出身のレゲエ&ヒップホップ系のアーティスト。ボブ・マリーの息子としても名を馳せています。異色な組み合わせが面白いアクセントになっていると思います。

 

 

スペイン語のヒットチャートを検索するキーワード

スペイン語のヒット曲をYouTubeで調べたいときは、以下のようなキーワードで検索するのが効果的です。スペイン語の音楽(ラテン音楽)を探すときの参考にしてください。

英語表記

スペイン語表記

  • Espana(España、スペイン)
  • musica(música、音楽)
  • lista(リスト)
  • Semana(週)
  • Enero(1月)
  • Febrero(2月)
  • Marzo(3月)
  • Abril(4月)
  • Mayo(5月)
  • Junio(6月)
  • Julio(7月)
  • Agosto(8月)
  • Setiembre(9月)
  • Octubre(10月)
  • Noviembre(11月)
  • Diciembre(12月)

 

これらのキーワードを適当に組み合わせて検索すれば、スペイン語圏のヒットチャート動画を見つけ出せると思います。気になる方はチャレンジしてみてください。

 

(関連記事)

  1. 英語以外の音楽を聴いてみよう
  2. 各国のヒットチャートをYouTubeで検索
  3. スペイン語圏の音楽をYouTubeで視聴
  4. フランス語圏の音楽をYouTubeで視聴
  5. ドイツ語の音楽をYouTubeで検索
  6. フィンランド語の音楽をYouTubeで検索

 

(番外編)

 


 

 

▼こんな記事もあります

広告を非表示にする