吉野家、築地一号店物語の新CMがとてもよい雰囲気

吉野家7/20に公開された吉野家の新CMは、昭和34年の築地一号店の様子を再現した、とても雰囲気のよいCM。吉野屋って昔はこんな雰囲気の店だったんですね。こんな店なら仕事帰りに「ちょっと一杯」っていう気分にもなれそう。

今回、公開された新CMは以下の2本。なぜか牛丼屋(立ち飲み屋?)でキザにふるまう客が登場する「カウンター篇」と、結婚(嫁さん)を題材にした「鬼嫁篇」。どちらも昭和っぽい店の雰囲気がイイ感じを醸し出しています。

(追記)
現在はYouTubeから動画が削除されているため、CMの視聴はできません。 

築地一号店物語 吉呑み「カウンター篇」(WEB ver.)

 

 

築地一号店物語 吉呑み「鬼嫁篇」(WEB ver.)

 

 

築地と言えば築地市場。今年の11月をもって豊洲に移転するのに伴い、吉野家の築地一号店も閉店になるらしい。なんとも寂しい話です。吉野家の特設サイトにある「ありがとう!築地市場」の背景になっている画像が哀愁を感じさせます。BGMとして流れる音楽も少し寂しげで、雰囲気を盛り上げてくれます。

吉野家 築地一号店物語 特設サイト
http://enjoy-yoshinoya.com/100years/

街中によくある吉野家の店舗もシンプル&機能的でいいのですが、こういう趣のある店舗をもっと増やしてくれると嬉しいですね。でも、あの値段で長居されたら経営が成り立たないのかな?

CMでは「吉呑みしよう!」と呼び掛けていますが、築地一号店ではない、普通の店舗だとちょっと・・・、と個人的には思ってしまう。築地市場がなくなる前に、いちど吉野家を訪れてみたい。そう感じさせるCMですね。