フリー画像サイトを徹底比較 「Pixabay」編

フリー画像サイトの検証、第2弾は「Pixabay」というサイト。「Pixabay」は日本語で表記されているサイトではありますが、もともとは海外発のサイトとなります。このため、世界中から集まったCC0の写真、イラスト、動画をフリー素材として利用できるのが特長です。

 f:id:despacio:20160731192042j:plain

https://pixabay.com/ja/

 

それでは早速、いつものキーワードを使って「Pixabay」の実力を検証していきましょう。

 

イメージ写真の数も豊富な、使えるフリー素材サイト

まずは、「パスタ」のキーワードで画像を検索してみた場合の結果です。検索ヒット数は552件でした(2016年7月時点)。

f:id:despacio:20160731192043j:plain

写真の数も豊富で、「パスタ」のイメージに使えそうなクオリティの高い写真を数多く発見できます。これだけの数があれば、ニーズに合う写真をきっと見つけられるでしょう。写真の雰囲気も「海外ならでは」という感じで、なかなか洒落ています。その反面、日本風な写真を求めている方にはあまり向かないかもしれません。

 

「Pixabay」は海外発のサイトですが、日本語のキーワード検索も行えるため、特に戸惑うことなく使用できると思います。念のため、「pasta」(英語表記)のキーワードでも検索を試してみました。そのヒット数は554件で、「パスタ」(日本語表記)のキーワードよりわずか2件増えただけ。自動翻訳を使ったキーワード検索を行っているようですが、簡単な単語なら、わざわざ英語で検索する必要はないと思います。日本語検索で十分です。

 

続いては、「オリンピック」のキーワードで検索してみた結果です。検索ヒット数は490件。「モノ」ではなく「イメージ」を検索するキーワードとしては、かなり多い方だと思います。

f:id:despacio:20160731192044j:plain

肝心のクオリティはどうかというと、ピンからキリまで幅広くラインナップされている様子。自分のイメージに合う画像を見つけるには、検索結果を何ページも見ていかなければいけません。

 

次は、架空の動物ユニコーンで検索してみた結果です。ヒット数は76件で、そのほとんどがイラストです。ユニコーンの石像を撮影した写真や、実写っぽいCGなども見つかりますが、「使いやすそうな素材は少ない」というのが正直な感想。もともとが難しいキーワード設定なので仕方がないといえるでしょう。

f:id:despacio:20160731192045j:plain

 

「ピラニア」のキーワードで検索した結果は33件。こちらは、写真とイラストがほぼ半々の割合。写真は「水槽内を泳ぐピラニア」の写真が多く、イラストは「ピラニアだか何だかよく分からない魚」が並んでいます。洋風タッチのイラストが多いため、あまり馴染めない気がします。

f:id:despacio:20160731192046j:plain

 

「深海魚」のキーワードで調べた結果は、ヒット数わずか2件。ほぼ選択肢がない状態です。ちなみに、検索結果の上部にある4つの画像(背景が黄色い画像)は、有料の素材サイト「shutterstock」で販売されている素材(広告)となります。このため、無料では使用できません。

f:id:despacio:20160731192047j:plain

 

ちなみに、「深海魚」を英語に翻訳すると「Deep-sea fish」になるそうです。そこで、「Deep-sea fish」のキーワードで検索してみると、70件の写真、イラストが検索されました。これならイメージに合う画像を発見できるかもしれません。

f:id:despacio:20160731192048j:plain

通常は日本語のキーワードで問題ありませんが、検索ヒット数があまりにも少ない場合は、英語に翻訳したキーワードでも検索してみるとよいでしょう。

 

十分すぎる検索機能、「色」で絞り込む機能も便利

続いては、「Pixabay」に用意されている検索機能について紹介していきます。

最初は、検索結果の一覧が「人気順」で表示されるように設定されています。「新着順」で表示したいときは、検索結果の画面上部にあるメニューを利用します。そのほか、「写真/イラスト/ベクター画像/動画」といった種類、「写真の向き」「カテゴリー」「サイズ」などで検索結果を絞り込むことも可能です。面白いのは「色」で検索結果を絞り込む機能があること。「黒色系の写真が欲しい」といった場合などに重宝するかもしれません。

f:id:despacio:20160731192049j:plain

 

写真のダウンロードサイズは、S/M/L/オリジナルの4種類から選択できるのが一般的。Webでの使用ならSまたはMのサイズで十分に事足りるでしょう。

f:id:despacio:20160731192050j:plain

 

トップページの画面下部には、「Pixabay」がお勧めするレベルの高い作品が20点ほど紹介しされています。ヘッダー画像用に「とにかく格好いい写真が欲しい」という場合などに活用できるでしょう。

f:id:despacio:20160731192051j:plain

その下には、「アニマル」、「ビジネス/金融」、「ファッション」、「旅行」などのカテゴリ検索が用意されています。

 

なお、「Pixabay」は会員登録も行っているWebサイトとなります。とはいえ、画像を検索してダウンロードするだけな会員にならなくても利用できます。会員登録すると、自分の好きな画像を「お気に入り」にストックしておく機能などを利用できるようになります。

f:id:despacio:20160731192052j:plain

「今は使わないけど、そのうち使えるかも?」という画像を、「お気に入り」にストックしておくと重宝すると思います。

 

総合的に見ると、「pixabay」は写真の数が豊富で、使い勝手も非常に優れているフリー画像サイトといえます。クオリティもなかなかで、たいていは満足できるレベルの作品を見つけられると思います。まだ使ったことがない方は、この機会に試してみるとよいでしょう。

https://pixabay.com/ja/

 

 

 

広告を非表示にする