読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大田原市(大田笑市)の魅力を紹介するWeb CM

大田原市

今回紹介するのは、栃木県大田原市YouTubeに公開している街PRのCM。大田原市大田笑市)の魅力をユーモアのある映像で紹介するプロモーションビデオです。

 

 

 

この動画は(Full ver.)ということで、全部で10本のショート作品がまとめられています。順番に紹介していきましょう。

 

◆カフェ篇

最初に登場するのは「カフェ篇」。小学校をカフェにリニューアルした「蜂巣小珈琲店」を舞台に、「いたずらっ子がパンを盗んで逃げる!?」という映像が繰り広げられます。同シリーズの中では、この映像が最も驚かされるかもしれません。大田原市では、廃校になった校舎や古民家を「新たな施設」として再利用する取り組みが盛んなんだそうです。

 

◆鮎篇

大田原市を流れる那珂川は関東随一の清流。天然鮎の遡上が日本一ということでも有名です。ということで、2本目の映像は鮎を題材にしたCMとなっています。

 

◆ゴルフ篇

3本目の映像は、那須野ヶ原カントリークラブというゴルフ場が舞台。大田原市は市内に8カ所のゴルフ場があるらしい。とはいえ、少し田舎に行けば、ゴルフ場なんて沢山ありますよね。隣接する「那須野ヶ原ベルビューホテル」でプレイ後に温泉を楽しめるのが、このゴルフ場の特徴とのこと。

 

図書館篇

続いては「図書館篇」。図書館はどの街にもある施設ですが、ここで紹介されている「トコトコ大田原」は、商業施設とコミュニティ施設を複合させた大型複合施設。オープンは2013年で、「子供が楽しめる体験施設」も数多く併設されているようです。

 

◆アイスクリーム篇

5本目の映像は「アイスクリーム篇」。ロケ地は「道の駅 那須与一の郷」で、大田原の名産品「とうがらし味」のジェラートなどが楽しめるそうです。

 

◆水族館篇

続いては、大田原氏にある「なかがわ水族館」を紹介する映像。海のない栃木県ならではの水族館ということで、「淡水魚の水族館」として名を馳せています。ピラニアや巨大魚ピラルクなどの珍魚、そしてカピパラなど生態を満喫できます。

 

◆とうがらしギョーザ篇

続いては「餃子篇」。餃子といえば宇都宮が有名ですが、大田原市は「とうがらし餃子」で対抗する模様。中華料理店「応竜」の人気料理「とうがらしギョーザ」をユニークな映像で紹介しています。なんとなく、クセになりそうな味な気がします。

 

◆星空篇

8本目の映像は「満天の星空」を紹介するCM。大田原市は、これまで「全国1位の星空」として4度も選考されているとか。「ふれあいの丘 天文館」には、県内最大級の天体望遠鏡プラネタリウムが設置されているそうです。

 

◆小学校で篇

9本目の映像は、大田原市の新定番!?「オオタワラッター体操」を紹介する映像。体操ソングがいかにも地方発という感じ。

 

◆エピローグ

最後は「東京まで電車で90分」という大田原市の位置を紹介する映像。でも、90分はさすがに遠いだろう。なぜ、そこまでして東京と関連付けたいのか…。地方をPRするCMとしては少し残念な映像です。

 

栃木県はメジャーな都道府県ではありませんが、「住みよさランキング」(人口50万以上の都市)で宇都宮市が2年連続1位になるなど、意外と住みやすい地域なのかもしれません。地方発の公式CMは沢山あるので、気になる方は色々と探してみると面白いかと思います。

 

 

広告を非表示にする