富士山の五合目は標高何メートル? そもそも「合目」とは何を指している?

富士山五合目の標高を示す看板

夏は登山のシーズン、ということで富士山登頂を目指している方も沢山いると思います。通常、富士山の登山は五合目から始めるケースが多いようですが、この五合目の標高は何メートルになるのでしょうか?
富士山(3,776メートル)の半分の高さ、つまり標高1,888メートル地点が五合目になると考える人も多いようですが、これは大きな間違いです。

 

五合目の標高は登山口によって違う

実は、富士山の五合目の標高は「どのルートから登山するか」に応じて変化します。まずは、各ルートの五合目の標高から紹介していきましょう。

 ★吉田ルート
  富士スバルライン五合目(標高2,305m

 ★富士宮ルート
  富士宮口五合目(標高2,400m

 ★須走ルート
  須走口五合目(標高1,960m

 ★御殿場ルート
  御殿場口新五合目(標高1,440m

最も高い位置にあるのは富士宮口五合目で、その標高は2,400mです。一方、最も低い位置にあるのは御殿場口新五合目で、その標高は1,440mしかありません。同じ五合目であっても標高はバラバラで、その高低差は最大960mにも及びます。

いずれのルートを選んだ場合も山頂は3,776mになるので、「どのルートから登山するのか?」に応じて登山すべき獲得標高差は大きく変化します。標高差だけを考えれば、富士宮ルートから登山するのが最も難易度が低いといえます。

 

そもそも「合目」とは何を示しているのか? 

上記の例からも分かるように、「合目」は標高を基準に設定されるものではありません。では、何を基準にしているのでしょうか?

山岳用語辞典によると、登山口を一合目山頂を十合目として、その間を10分割した地点が、二合目、三合目、四合目、……になるそうです。10分割するのであれば「山頂は十一合目」になるような気もしますが、このあたりの計算を細かく検証しても意味がありません。

というのも、登山口から山頂までの距離を等分割して「合目」を決めている訳ではないからです。「合目」の語源は諸説あるようで、中には「米を1粒ずつ落としながら登山し、ちょうど米1合がなくなった地点」を合目の基準にしている、という説もあるくらいです。

要するに「合目」は正確な測量に基づく基準点ではなく、大雑把な目安でしかないのです。「歩く距離」を基準にしている訳ではありませんし、「標高」を基準にしている訳でもありません。昔の人(もしくはルートを開拓した人)が感覚的に「このあたりが▲合目になるだろう」と決めたポイント、それが「合目」になっているのです。

五合目というのは、登山口から山頂までの行程の「ちょうど中間地点」にあたる場所と考えられます。でも、厳密な意味での中間地点ではありません。おおよその感覚的な中間地点でしかないのです。状況によっては、売店駐車場を設置するために、五合目の位置を多少前後させている可能性もあります。

同様に、六合目、七合目なども、厳密な意味を持つ基準点ではありません。実際に登山をしていると、「▲合目までがやたらと長い」と感じることがあります。これは自分の間隔がズレているのではなく、実際に距離が長い場合もあります。登山ルートの距離や斜度、難易度などを考慮に入れて、「これくらいの位置だろう」と感覚的に決めたポイントが「合目」です。

富士山を登山するときの豆知識として覚えておくと、少しは役に立つかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

富士山噴火 (集英社文庫(日本)) [ 高嶋 哲夫 ]
価格:950円(税込、送料無料) (2017/9/19時点)