【2016リオ五輪】自転車ロードのスタートリスト発表

リオデジャネイロ・オリンピックの「サイクルロードレース・男子エリート」のスタートリストが発表されました。スタートは8月6日(土)の21:30(日本時間)です。英語表記ですが、以下のサイトで各国の代表選手を確認できます。

start list

https://www.rio2016.com/en/cycling-road-mens-road-race

※8/7追記 
上記のサイトにはレース結果(メダリスト)も掲載されています。まだ結果を見たくない方は、以下のサイト(UCIのサイト)にあるスタートリストを参照するとよいでしょう。「Start List」のリンクをクリックすると、スタートリストのPDFファイルをダウンロードできます。
http://62.50.72.82/uciroot/OG/2016/default.aspx?language=eng

 

有力国の出場選手を簡単に紹介しておきましょう。

 

カザフスタン

ゼッケン1番はバフティヤル・コザタイエフ。4年前にヴィノクロフ大佐が金メダルを獲得したため、ゼッケン1番はカザフスタンの選手が着用するようです。

 

スペイン

注目は、今年で引退を発表したホアキン・ロドリゲスアレハンドロ・バルベルデ。この2人がちゃんと協調できるかが見もの? そのほか、カストロビエホ、エルビティ、ヨン・イサギレ・インサウスティの計5名が出場します。

 

コロンビア

チャベスモントーヤ、ロペス、パンタノ、ウランの計5名が出場。キンタナが出場しなくても相当に強力な布陣です。ツールで下りのテクニックを披露したパンタノがダークホースになるかもしれません。

 

フランス

若手の台頭が著しいフランスは、アラフィリップバルデ、バルギル、ヴュイエルモー(ズ)の4人が出場。5人枠は獲得できなかったようです。ツールのプレッシャーから解放された後なので、展開によってはメダルの可能性も十分にあり?

 

イギリス

今年のツールを制したフルームを筆頭に、新人賞獲得のアダム・イェーツ、カミングス、スタナード、ゲラント・トーマスの5人体制。チームSKYから3人出場していますが、ツールのようにレースを支配するには5人では足らないはず。どのようにレースを運ぶのか見ものです。

 

オーストラリア

サイモン・クラーク、ローハン・デニス、スコット・ボウデン、リッチー・ポートの4人が出場。実力はあるものの、エースになると好不調の波が激しいリッチー・ポートが活躍できるのかに注目。

 

ベルギー

有力どころは、フィリップ・ジルベールファン・アーヴェルマート。そのほか、ローランス・ド・プリュ、パウエルス、ティム・ウェレンスの計5人が出場します。ワンデーレース大国の名にかけて、何とかメダルを手に入れたいところ。

 

オランダ

ツールの19ステージで手首を骨折したトム・デュムランが、なんとロードにも出場。ケガのことを考えたら「TTに集中した方が…」と心配してしいますが、もう大丈夫なのでしょうか? そのほか、ジロで活躍したクライスヴァイクに、モレマ、ワウト・プルスが出場で、意外とあなどれません。

 

イタリア

注目は、ファビオ・アルヴィンチェンツォ・ニバリのダブルエース。2人が上手く連携できるのかよく分かりませんが、目を離せない存在であることは確か。そのほか、カルーゾ、デマルキ、ローザが出場。なかなかの豪華布陣です。

 

スロバキア

出場枠は1人のようで、パトリック・ティボールという選手が出場します。王者サガンはロードレースではなく、マウンテンバイク・クロスカントリーに出場する予定。となると、マウンテンバイクも見たくなりますね!

 

スイス

今年で引退を発表したカンチェラーラに加えて、アルバジーニ、モラビート、ライヘンバッハが出場。北京オリンピックではロードで銀メダル、TTで金メダルを獲得したカンチェラーラも、最近は全盛期の迫力にかける感じ。前回大会(ロンドン)のヴィノクロフのように、「こういう選手が意外と・・・」と期待してしまいますが、ちょっとコースが厳しいかな。

 

ロシア

チェルネツキ、コチェトコフの2人が出場。実力のある2人ですが、このメンバー相手に活躍できるかは展開と運次第。ザッカリンは出場しないようですね。

 

アイルランド

アイルランドの出場枠は2人。となれば、やはり出場するのはダニエル・マーティンニコラス・ロッシュ。優勝候補まではいかないが、注目選手であることに変わりはありません。

 

ドイツ

ブフマン、ゲシュケ、レヴィ、トニー・マルティンの4人が出場。スプリンター向けの平坦ステージなら優勝候補が何人もいるドイツですが、山岳が厳しくなると少しメンツに欠けるかもしれません。マルティンはTTに向けてトレーニング走行かな?


少し長くなってきた、というか、正直、疲れてきたので、あとは簡単に気になる有力選手の名前だけをまとめておきます。中堅どころを紹介していくとキリがありませんから・・・。ということで。

 

その他、有力選手

 ・ボアッソン・ハーゲン(ノルウェー
 ・クヴィアトコウスキー(ポーランド
 ・マイカ(ポーランド
  ・ルイ・コスタポルトガル
 ・テイラー・フィニー(アメリカ) など

 

そして、忘れてはならないのが、日本代表の新城幸也内間康平。他の出場メンバーが豪華すぎるのでメダル獲得はかなり厳しいと思いますが、展開次第でどうなるか分からないのもワンデーレースの魅力。日本人なら期待してもいいと思います。

 

最後に一言。「NHK、生中継しろ!」

 

▼こんな記事もあります

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

サイクルロードレース名選手・名レース列伝
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/8/7時点)

広告を非表示にする